sponsored links

鎌倉ご利益(縁結び・恋愛成就・夫婦円満)



2013/08/26


源頼朝が伊豆蛭ヶ小島にいる時、ご祭神の宇迦御魂命(うかのみたまのみこと)が翁の姿となって夢枕に立ち、平家討伐の挙兵のお告げをされました。平家討伐後の建久年間(1190)、お告げのお礼として神社を建立。頼朝の出世を助けた神とされ、出世運や仕事運上昇にご利益があるとされています。

長い坂道と石段に沿って並ぶ33の赤い鳥居は、参拝者がお礼のために奉納したもの。正式な参拝方法は、まず拝殿で参拝しご挨拶、次に、裏手にある本殿をお参りします。
北条政子との恋愛にあやかって、恋愛成就の神様としても知られています。佐助稲荷神社下社横のお堂に安置されている「十一面観音」は縁結び観音。
・パワースポット



2009/05/15


梅雨時期には観光客で賑わう、アジサイで有名な寺。山門前から相模湾のすばらしい景色を見ることができます。
ご本尊様の分身「不動明王」像は縁結びにご利益があるとされ、遠方からはるばる訪れる女性が多いとか。本堂から庭園を右側へぐるりとまわるとあり、童子2人を従えた不動三尊とよばれるその姿を、携帯電話で撮影し待受け画像に設定すると"恋が成就する"そうです。
■子安地蔵菩薩と子生石(こうみいし)は、安産、子育、子授けのご利益があるとされています。
■鎌倉三十三観音霊場(札番:二十一番)
【花ごよみ】
6月 アジサイ、イワタバコ
10月 ホトトギス

江ノ島電鉄極楽寺駅より徒歩5分



2007/07/31


足利尊氏により、北条一族の霊を慰めるため創建されたお寺。
本尊の地蔵菩薩像(子育経読地蔵)は、国の重要文化財。子供が丈夫で健やかに成長するようお参りする人も多い。
歓喜天堂には、歓喜天像が安置されており、その姿はインド神話の象頭人身の男女の神が抱擁している姿で、夫婦和合のご利益があるとられています。
鎌倉二十四ヶ所地蔵めぐり(第一番)
【花ごよみ】
1月 ロウバイ、ツバキ、スイセン
2月 ウメ
3月 ハクモクレン
7月 キキョウ
8月 サルスベリ
9月 ヒガンバナ、ハギ
10月 ホトトギス

・JR鎌倉駅より徒歩13分。



2007/07/31


つつじ寺としても有名な浄土宗のお寺。
北条政子により、夫である源頼朝を弔うために創られました。
本尊にある千手観音は、北条政子が源頼朝との恋の成就を願ったことから、良縁観音と呼ばれています。 境内の日限地蔵の脇には、良縁祈願の絵馬がたくさんかかっています。
鎌倉二十四ヶ所地蔵(二十四番)日限地蔵
【花ごよみ】
5月 ツツジ

・JR鎌倉駅より徒歩15分。



2007/07/30


1218年(建保6年)に創建された真言宗泉涌寺派のお寺。
本尊の薬師三尊像は、国の重要文化財に指定されています。こちらの薬師如来には、病気回復のご利益があります。
愛染堂は、夫婦の不仲を修復、恋愛成就のご利益があるとされています。
拝観希望者には、境内を案内してもらえます。(要確認)
鎌倉二十四ヶ所地蔵めぐり(第三番)
【花ごよみ】
1月 ツバキ

・JR北鎌倉駅より京急バス鎌倉宮行き「鎌倉宮」下車、徒歩10分。



2007/07/29


5月になると、木々の新緑と色鮮やかなツツジが美しい真言宗のお寺。
鎌倉三十三観音霊場(札番:二十五番)
鎌倉二十四ヶ所地蔵めぐり(第十六番)網引地蔵
鎌倉二十四ヶ所地蔵めぐり(第十七番)矢拾地蔵
学業成就・厄除け・病気平癒全・恋愛成就・縁結び・商売繁盛などたくさんのご利益がある寺。
【花ごよみ】
1月 ツバキ、スイセン
2月 ウメ
3月 ミツマタ、ハクモクレン
5月 ツツジ、シャクナゲ
6月 アジサイ、花ショウブ、ナツツバキ
9月 ヒガンバナ、ハギ

・JR・江ノ電鎌倉駅より徒歩18分



2007/06/12


国の重要文化財に指定されている、鎌倉を代表する神社。毎年お正月には約250万人が参拝に訪れます。
源氏池に浮かぶ島にあるのは鎌倉七福神の芸能・海運の神「旗上弁財天社(はたあげべんざいてんしゃ)」。商売繁盛のご利益があるとされています。
社の裏側には頼朝が北条政子の安産を祈ったとされる『政子石』があり、夫婦円満・子宝のご利益があるとされています。
厄除けのご祈祷は1年中行なわれていますが、節分前直近の土日を含む3日間は、大々的に「鶴岡厄除大祭」を実施。

【花ごよみ】
1月 冬ボタン、ツバキ
3月 ハクモクレン
4月 サクラ
5月 ツツジ、ボタン、フジ、シャクヤク
7月 ハス
9月 キンモクセイ
12月 紅葉、マンリョウ

・JR鎌倉駅東口より徒歩10分
・江ノ電鎌倉駅より徒歩10分



sponsored links

sponsored links