sponsored links


2013/08/31


鶴岡八幡宮の一の鳥居のそばある宝篋印塔は、謀反の疑いをかけられ、由比ガ浜で討たれた畠山重保氏の墓と伝えらています。
子供の頃の名が六郎で、この宝篋印塔「六郎さま」と呼ばれています。畠山重保氏は喘息持ちだったことが由来で六郎さまは、「咳の病気が治る」言い伝えがあります。



2009/05/15


拝観料:無料 癌(ガン)封じや他の病の回復にご利益があるとされる「瘡守稲荷(かさもりいなり)」、「千手観音像」、「身がわり鬼子母神」が祀られている。



2009/05/15


1639(寛永16)年、大法師季等和尚が開山。青蓮寺の末寺であったが、現在は京都の大覚寺派。 地蔵堂の地蔵は、「いぼとり地蔵」と呼ばれていて、「いぼが取れる」といわれている。
また、薬師堂の薬師如来は、「町屋薬師」と呼ばれ、眼の病の平癒の信仰がある。毎年1月8日は、「初薬師大護摩供法要」がある。



2007/07/30


時宗のお寺ですが、山門の梁には隠れキリシタンのシンボルマーク、卍マークと重ねた隠し十字架が刻まれています。
「咳(せき)」の神様として知られている「おしゃぶき」という石の祠(ほこら)があります。

子育て地蔵もその反対側にあり、お子様の成長を祈願できます。 ・JR北鎌倉駅より徒歩5分。



2007/07/30


時宗の寺院。
如意輪観世音、地蔵菩薩坐像、抜陀婆螺尊者像の有名な3つの仏像があります。
抜陀婆螺尊者像は、足腰の痛みがなくなるご利益があると伝えられている。またこの他、安産、子育て、女性守神、女性病気、眼病、学問成就の祈願で訪れる人もいます。 (境内は自由に拝観できますが、観音像は要・拝観申込み)
鎌倉三十三観音霊場(札番:五番)
鎌倉二十四ヶ所地蔵めぐり(第二番)
・バス亭「大学前」より徒歩15分。



2007/07/30


1218年(建保6年)に創建された真言宗泉涌寺派のお寺。
本尊の薬師三尊像は、国の重要文化財に指定されています。こちらの薬師如来には、病気回復のご利益があります。
愛染堂は、夫婦の不仲を修復、恋愛成就のご利益があるとされています。
拝観希望者には、境内を案内してもらえます。(要確認)
鎌倉二十四ヶ所地蔵めぐり(第三番)
【花ごよみ】
1月 ツバキ

・JR北鎌倉駅より京急バス鎌倉宮行き「鎌倉宮」下車、徒歩10分。



2007/07/29


建長5年(1253)に創建された日蓮宗の寺院。
2月中旬から3月中旬には美しい紅梅が寺院を彩ります。
日蓮にお仕えしていた熊王を祀る熊王尊殿は、歯の痛みがなくなるのにいいと言われています。
【花ごよみ】
1月 ツバキ
2月 ウメ
3月 ミツマタ、モモ
4月 サクラ、カイドウ
5月 ツツジ、フジ
6月 アジサイ、花ショウブ
8月 サルスベリ
10月 ホトトギス
11月 サザンカ

・JR鎌倉駅東口よりバス、大町四ツ角下車、徒歩5分



2007/07/25


1259年、北条重時により創られた、鎌倉で唯一の真言律宗の寺院。
病気回復、子育てのご利益がある。
鎌倉三十三観音霊場(札番:二十二番)
鎌倉二十四ヶ所地蔵(札番:二十一番)導き地蔵堂
鎌倉二十四ヶ所地蔵(札番:二十二番)月影地蔵
【花ごよみ】
5月 ハクウンボク
6月 アジサイ
8月 サルスベリ

・江ノ電極楽寺駅より徒歩3分



2007/06/22


多くの武勇伝を持つ権五郎景正が祀られた神社。
戦いで目に矢を射られても無事生還したことから、目の神様として崇められています。
学業成就のご利益のあると神社でもあります。
あじさいの名所と名高い長谷寺の、すぐ隣にある神社です。小道が設けられ、長谷寺に比べてゆっくりと、誰でも自由にアジサイを鑑賞することができます。
新春には、鎌倉七福神の幸福・財宝の神、福禄寿(ふくろくじゅ)もお参りしましょう。
・例祭:9月18日
・江ノ電長谷駅より徒歩5分



sponsored links

sponsored links