sponsored links

鎌倉の花の名所 1月-3月

1月 冬ボタン、ロウバイ、ツバキ、スイセン
2月 梅、黄梅(オウバイ)
3月 ミツマタ、ジンチョウゲ、ハクモクレン、ボケ、レンギョウ、モモ、ユキヤナギ



大宰府天満宮、北野天満宮とともに、日本三大天神のひとつに数えられています。
ご祭神は"学問の神様"として知られる菅原道真。受験シーズンには、合格祈願に多くの人が訪れます。
境内にはたくさんの梅の木が植えられていますが、なかでも本殿前の寒紅梅は例年1月初旬に花を咲かせることで"鎌倉一の早咲き梅"として知られています。
ほかにも、境内には見逃せないものがたくさん。巨石「かっぱ筆塚」は、鎌倉に居を構えた漫画家 清水 崑(しみず こん)の筆を供養するためにつくられたもの。石の表面には清水崑本人が描いた河童の絵が刻まれています。その裏側の文字は清水崑と親交のあった川端康成が書いたものです。

また、手塚治虫や藤子・F・不二雄などの漫画家154人による河童の絵がレリーフとなった「絵筆塚」があります。
【花ごよみ】
1月 寒紅梅などのウメ
4月 シャガ
11月 イチョウの紅葉

・JR鎌倉駅前より京急バス4番線「大塔宮」行「天神前」下車3分
・JR鎌倉駅より鶴




建長5年(1253年)に創建。日蓮の草庵。苔の寺として有名。
【花ごよみ】
2月 ウメ
6月 ナツツバキ
7月 キキョウ




東光寺英勝寺は、鎌倉唯一の尼寺。建物、石仏、竹林、四季折々の花を楽しめるお寺です。
三霊社権現の看板がある暗い洞窟内には仏様が祀られています。
【花ごよみ】
1月 ツバキ、スイセン
2月 ウメ
3月 モモ
4月 サクラ
5月 ツツジ、シャクヤク
6月 アジサイ
8月 サルスベリ
10月 コスモス

JR鎌倉駅、江ノ島電鉄鎌倉駅西口より徒歩12分




日蓮宗のお寺。
鎌倉幕府の重臣であり、その後北条氏により滅ぼされた比企一族の霊を慰めるため、この地に寺が建てられました。
【花ごよみ】
1月 ツバキ、スイセン
2月 ウメ
4月 サクラ、カイドウ、シャガ
5月 ツツジ
6月 アジサイ
7月 ノウゼンカズラ
8月 サルスベリ、フヨウ
11月 サザンカ

・鎌倉駅より徒歩7分




建長5年(1253)に創建された日蓮宗の寺院。
2月中旬から3月中旬には美しい紅梅が寺院を彩ります。
日蓮にお仕えしていた熊王を祀る熊王尊殿は、歯の痛みがなくなるのにいいと言われています。
【花ごよみ】
1月 ツバキ
2月 ウメ
3月 ミツマタ、モモ
4月 サクラ、カイドウ
5月 ツツジ、フジ
6月 アジサイ、花ショウブ
8月 サルスベリ
10月 ホトトギス
11月 サザンカ

・JR鎌倉駅東口よりバス、大町四ツ角下車、徒歩5分




地元では「日朝様(にっちょうさま)」の名で親しまれる日蓮宗のお寺。
頼朝が御所の鬼門の鎮守として祀ったという「夷(えびす)神」がいます。夷(えびす)神というのは恵比須様のこと。鎌倉七福神の一人で、商売繁盛の神様です。

また、本覚寺の2代目住職・日朝上人が失明した折、法華経と自らの回復によって治癒させたという言い伝えから、「眼病を治すご利益があるお寺」としても有名。
人形供養もしていただけ、毎年10月第1日曜日に人形供養祭があります。

お正月には、毎年1月1日から3日まで鎌倉えびす大祭り「初えびす」、1月10日に「本えびす」が開催されます。このとき授与されるのは福笹。商売繁盛を願う縁起物で、鎌倉市内のお店でよく見かけることでしょう。
・ご利益:商売繁盛
【花ごよみ】
1月 ツバキ
2月 ウメ
4月 カイドウ
5月 ボタン
7月 ノウゼンカズラ

・JR鎌倉駅東口より徒歩4分




国の重要文化財に指定されている、鎌倉を代表する神社。毎年お正月には約250万人が参拝に訪れます。
源氏池に浮かぶ島にあるのは鎌倉七福神の芸能・海運の神「旗上弁財天社(はたあげべんざいてんしゃ)」。商売繁盛のご利益があるとされています。
社の裏側には頼朝が北条政子の安産を祈ったとされる『政子石』があり、夫婦円満・子宝のご利益があるとされています。
厄除けのご祈祷は1年中行なわれていますが、節分前直近の土日を含む3日間は、大々的に「鶴岡厄除大祭」を実施。

【花ごよみ】
1月 冬ボタン、ツバキ
3月 ハクモクレン
4月 サクラ
5月 ツツジ、ボタン、フジ、シャクヤク
7月 ハス
9月 キンモクセイ
12月 紅葉、マンリョウ

・JR鎌倉駅東口より徒歩10分
・江ノ電鎌倉駅より徒歩10分




1218年(建保6年)に創建された真言宗泉涌寺派のお寺。
本尊の薬師三尊像は、国の重要文化財に指定されています。こちらの薬師如来には、病気回復のご利益があります。
愛染堂は、夫婦の不仲を修復、恋愛成就のご利益があるとされています。
拝観希望者には、境内を案内してもらえます。(要確認)
鎌倉二十四ヶ所地蔵めぐり(第三番)
【花ごよみ】
1月 ツバキ

・JR北鎌倉駅より京急バス鎌倉宮行き「鎌倉宮」下車、徒歩10分。




花の寺として知られる臨済宗建長寺派の寺。
4月中旬に咲く紅色の海棠(かいどう)、6月上旬から中旬には花菖蒲が美しい。
薬師如来像は、「啼薬師」(児護薬師)と呼ばれていて、子育てのご利益があるといわれています。 鎌倉三十三観音霊場(札番:二十六番)
鎌倉二十四ヶ所地蔵めぐり(第十五番)の岩蔵地蔵堂は海蔵寺が管理しています。
【花ごよみ】
1月 ロウバイ、ツバキ、スイセン
2月 ウメ
3月 ミツマタ、モモ、ユキヤナギ
4月 カイドウ、シャガ
5月 ツツジ、ハクウンボク、シャクナゲ
6月 アジサイ、花ショウブ
7月 キキョウ、ノウゼンカズラ
8月 サルスベリ、フヨウ
9月 キンモクセイ、ハギ
10月 ホトトギス、コスモス
11月 サザンカ

・拝観無料(十六の井戸100円)
・JR鎌倉駅徒歩20分




5月になると、木々の新緑と色鮮やかなツツジが美しい真言宗のお寺。
鎌倉三十三観音霊場(札番:二十五番)
鎌倉二十四ヶ所地蔵めぐり(第十六番)網引地蔵
鎌倉二十四ヶ所地蔵めぐり(第十七番)矢拾地蔵
学業成就・厄除け・病気平癒全・恋愛成就・縁結び・商売繁盛などたくさんのご利益がある寺。
【花ごよみ】
1月 ツバキ、スイセン
2月 ウメ
3月 ミツマタ、ハクモクレン
5月 ツツジ、シャクナゲ
6月 アジサイ、花ショウブ、ナツツバキ
9月 ヒガンバナ、ハギ

・JR・江ノ電鎌倉駅より徒歩18分




1180年(正治2)に北条政子が頼朝の父、義朝の旧邸跡に明菴栄西を招いて創建。三代将軍実朝もしばしば訪れ、最盛期には十数か所の塔頭を擁する大寺であったという。現在は、中門の手前まで入ることができる。
鎌倉三十三観音霊場(札番:二十四番)
鎌倉二十四ヶ所地蔵(一八番)の木造地蔵菩薩立像は、鶴岡八幡宮の境内の鎌倉国宝館に寄託されている。
【花ごよみ】
2月 ウメ
3月 ハクモクレン




竹林に囲まれる臨済宗建長寺派の寺。川端康成が本堂の隣の和室で執筆していたこともあります。
竹の庭200円 抹茶500円
毎週日曜日朝、座禅会が行われています。
鎌倉三十三観音霊場の一つ。(札番:十番)
【花ごよみ】
1月 ロウバイ、椿、水仙
3月 ハクモクレン、ボケ
4月 サクラ
6月 イワタバコ
7月 ノウゼンカズラ
10月 冬サクラ

・鎌倉駅徒歩25分、または京急バス鎌倉駅より十二所方面行き浄明寺下車3分




鎌倉五山第五位。8月になると、本堂の前に紅白の百日紅が花開きます。
・拝観料100円(菓子・抹茶付500円)
・鎌倉三十三観音霊場の一つ。(札番:九番)
【花ごよみ】
1月 椿
2月 梅
4月 シモクレン
5月 ボタン、シャクナゲ
6月 アジサイ
8月 サルスベリ
10月 秋明菊

・鎌倉駅より徒歩25分、または京急バス鎌倉駅から十二所方面行き浄妙寺下車3分




鎌倉三十三観音霊場の一つ。(札番:八番)
【花ごよみ】
2月 ウメ
3月 ハクモクレン、モモ
5月 ツツジ




鎌倉三十三観音霊場の一つ。(札番:七番)
鎌倉二十四ヶ所地蔵めぐり(第五番)
【花ごよみ】
2月 ウメ
5月 フジ、シャクナゲ
6月 花ショウブ
9月 ヒガンバナ

鎌倉駅から京急バス。太刀洗行き、金沢八景行きで、十二所 下車 徒歩1分




1327年(嘉暦2年)に創建された臨済宗のお寺。
京都の天龍寺や西芳寺の庭を手がけた夢想国師(むそうこくし)が造った池泉式庭園、瑞泉寺庭園があります。
春は梅やボケ、秋は紅葉など「花の寺」としても知られます。
拝観料100円
鎌倉三十三観音霊場(第六番)
鎌倉二十四ヶ所地蔵めぐり(第七番)
【花ごよみ】
1月 ロウバイ、水仙
2月 梅、黄梅
3月 ミツマタ、ハクモクレン、ボケ、レンギョウ
4月 サクラ、カイドウ
5月 ツツジ、ボタン、フジ
6月 アジサイ、イワタバコ
7月 キキョウ
8月 サルスベリ、フヨウ
9月 キンモクセイ、ヒガンバナ
10月 ホトトギス、秋明菊、冬サクラ
11月 サザンカ
12月 紅葉

  ・JR北鎌倉駅より京急バス鎌倉宮行きにて鎌倉宮下車、徒歩15分。




随我山 能蔵院 来迎寺。
五重塔のある時宗のお寺。
相模国の三浦大輔義明の霊を慰めるため創られました。3月には春を告げる鮮やかな黄色のミモザが咲き誇ります。
鎌倉三十三観音霊場(札番:十四番)
【花ごよみ】
3月 ミモザ
7月 ノウゼンカズラ

・JR鎌倉駅よりバス、五所神社下車、徒歩4分。




足利尊氏により、北条一族の霊を慰めるため創建されたお寺。
本尊の地蔵菩薩像(子育経読地蔵)は、国の重要文化財。子供が丈夫で健やかに成長するようお参りする人も多い。
歓喜天堂には、歓喜天像が安置されており、その姿はインド神話の象頭人身の男女の神が抱擁している姿で、夫婦和合のご利益があるとられています。
鎌倉二十四ヶ所地蔵めぐり(第一番)
【花ごよみ】
1月 ロウバイ、ツバキ、スイセン
2月 ウメ
3月 ハクモクレン
7月 キキョウ
8月 サルスベリ
9月 ヒガンバナ、ハギ
10月 ホトトギス

・JR鎌倉駅より徒歩13分。




鎌倉三十三観音霊場(第一番)
鎌倉二十四ヶ所地蔵めぐり(第四番)の身代地蔵は、五輪塔 群の片隅にあります。
鎌倉二十四ヶ所地蔵めぐり(第六番)の尼将軍地蔵は、本 尊の十一面観音像とともに安置。さだかではないが、北条政子のことではないかといわれています。
【花ごよみ】
1月 ツバキ
2月 ウメ
3月 ミツマタ、ジンチョウゲ
8月 フヨウ
11月 サザンカ

・JR横須賀線「鎌倉駅」から徒歩25分
・鎌倉駅より京急バス「杉本観音」下車徒歩1分




鎌倉五山第四位。北条氏ゆかりの禅宗寺院。
鎌倉石の階段の山門をあがると本堂には重要文化財で過去・現在・未来を象徴した三世仏が安置。
鎌倉三十三観音霊場(札所:三十一番)
鎌倉二十四ヶ所地蔵めぐり(第十二番)
鎌倉七福神の不老長寿の神の布袋尊も祀られており、お腹をなでると元気がもらえると看板にあります。
鐘は県指定有形文化財で、風雅な小楼門の2階部分にあります。年越しには一般参拝者も除夜の鐘つくことができます。

【花ごよみ】
1月 ロウバイ、椿、水仙
2月 梅
3月 ミツマタ
4月 桜、海棠、シャガ、シモクレン
5月 ツツジ、ボタン、ハクウンボク
6月 アジサイ、アヤメ、花ショウブ、ナツツバキ、イワタバコ
7月 桔梗、ハス
9月 ヒガンバナ、萩
10月 ホトトギス、コスモス、秋明菊
11月 サザンカ

・JR北鎌倉駅より徒歩6分




1285年(弘安8年)に開創した臨済宗円覚寺派の男僧寺。通称「縁切り寺」。
4月には紫色が美しい花菖蒲の花が、6月には参道の両脇に紫陽花が咲き誇ります。
見所は、重要文化財の松ヶ岡宝蔵。
早朝座禅会を開催しています。
【花ごよみ】
1月 ロウバイ、椿、水仙
2月 梅、黄梅
3月 ミツマタ、ハクモクレン、レンギョウ
4月 サクラ、花菖蒲、カイドウ、シャガ
5月 ボタン
6月 アジサイ、花ショウブ
7月 キキョウ
8月 フヨウ
9月 キンモクセイ、ヒガンバナ、ハギ
10月 ホトトギス、コスモス、秋明菊、冬サクラ
11月 サザンカ

・JR北鎌倉駅より徒歩4分




6月になると、約2000本のアジサイが咲き乱れるアジサイ寺として知られる寺院。臨済宗建長寺派。
本堂左手には、鎌倉十井の一つである「瓶(つるべ)の井」があります。
「地蔵堂」の福壽地蔵は、子授かり、安産のご利益があると言われています。 鎌倉三十三観音霊場(札所:三十番)
【花ごよみ】
1月 ロウバイ、ツバキ、スイセン
3月 ジンチョウゲ、ハクモクレン、ボケ、レンギョウ
4月 カイドウ、シモクレン
5月 ツツジ
6月 アジサイ、花ショウブ、ナツツバキ、イワタバコ
8月 サルスベリ
9月 ヒガンバナ、ハギ
11月 サザンカ

・JR北鎌倉駅より徒歩10分
拝観料300円




臨済宗建長寺派の大本山。鎌倉五山第一位。国宝の梵鐘、国重要文化財の仏殿、唐門等県重要文化財や市天然記念物など見どころが多い。
精進料理「建長汁(けんちんじる)」は、建長寺発祥とされる料理です。その昔、崩れた豆腐を無駄にせず活用するために生み出された料理なのだとか。
座禅会も実施しています。※日時など詳細は確認を

鎌倉三十三観音霊場(札所:二十八番)
鎌倉二十四ヶ所地蔵めぐり(第九番)心平寺地蔵
鎌倉二十四ヶ所地蔵めぐり(第十番)済田地蔵
鎌倉二十四ヶ所地蔵めぐり(第十一番)勝上けん地蔵
【花ごよみ】
1月 椿
2月 梅
3月 ハクモクレン、ボケ、モモ
4月 サクラ
5月 ツツジ、シャクナゲ
6月 花ショウブ
8月 フヨウ
9月 ヒガンバナ、萩
12月 紅葉

・JR北鎌倉駅より徒歩13分




鎌倉五山第二位。夏目漱石や島崎藤村も参禅したことが知られています。一般の人も参加できる土日坐禅会があります。佛日庵では写経(会員制)もあります。「無」と刻まれた映画監督、小津安二郎の墓があるのも円覚寺です。
見所は、鎌倉三名鐘の一つであり、国宝・梵鐘の洪鐘(おおがね)です。また、日ごろは非公開ですが、鎌倉唯一の国宝建築である舎利殿があります。 鎌倉二十四ヶ所地蔵めぐり(第十三番)手引地蔵 鎌倉二十四ヶ所地蔵めぐり(第十四番)延命地蔵 【花ごよみ】
1月 ロウバイ、椿
2月 梅
3月 ミツマタ、ジンチョウゲ、ハクモクレン、ユキヤナギ
4月 サクラ
5月 ボタン、シャクヤク
6月 アジサイ、ナツツバキ
9月 キンモクセイ、萩
10月 ホトトギス、秋明菊、冬サクラ
12月 紅葉

・北鎌倉駅より徒歩1分




鎌倉といえば高徳院の大仏、というほど有名な浄土宗の寺院。台座を含めた大仏様の高さは約13m、重さは124トンあり、国宝です。昔は金箔で覆われていたそう。境内には"大仏様が履いた"という草履が飾られています。
大仏様の胎内も拝観可(有料)。
・拝観料 200円(胎内20円)
鎌倉三十三観音霊場(札番:二十三番)
【花ごよみ】
1月 ツバキ
2月 ウメ

5月 ツツジ

・江ノ電「長谷駅」より徒歩10分




日蓮宗の寺院。
初春には、山門と桜、そして神奈川県指定天然記念物の老木・海棠(かいどう)の花を見に、また新緑の季節には白藤を見に、梅雨が明けると古代蓮を見に、多くの観光客が集まります。
【花ごよみ】
1月 ロウバイ、ツバキ、スイセン
3月 ミツマタ、ジンチョウゲ、ハクモクレン
4月 サクラ、カイドウ、シモクレン
5月 ボタン、フジ、ハクウンボク、シャクヤク
6月 アジサイ、アヤメ、花ショウブ、ナツツバキ、イワタバコ
7月 ハス
8月 サルスベリ、フヨウ
9月 キンモクセイ、ヒガンバナ
10月 ホトトギス
11月 サザンカ

・江ノ電長谷駅より徒歩10分




『アジサイ寺』とも呼ばる鎌倉を代表するアジサイの名所。その数は約40種2500株。6月中旬から観光客で賑わう。鎌倉、三浦半島を一望。
ご本尊様の『十一面観世音菩薩像』は日本最大の木造の仏。

開運厄除・商売繁昌、病気平癒、良縁成就、家内安全、心願成就、無病息災・厄災消除、子宝祈願・供養、水子供養、永代供養。
鎌倉七福神の大黒天も祀られています。
大晦日は「除夜の鐘」を一般参拝者もつくこと可。
【花ごよみ】
1月 ロウバイ、椿
2月 梅
3月 ミツマタ、ジンチョウゲ、ハクモクレン、ボケ、ユキヤナギ
4月 サクラ
5月 ボタン、フジ、シャクヤク
6月 アジサイ、アヤメ、、花ショウブ、ナツツバキ、、イワタバコ
7月 キキョウ、ハス、ノウゼンカズラ
8月 萩
10月 ホトトギス、秋明菊
・江ノ島電鉄長谷駅より徒歩5分



sponsored links

sponsored links